ホテルのランチビュッフェでローストビーフ @ピノモンテ

スポンサードリンク

年明け、帰省しているお友達と、4人でランチすることになりました。
人数が当日まで確定しなかったのもあり、予約もしていなくて、そして三が日はあいてるかどうかも電話しないと分からないし。

目の前に見えている、ホテル2階のバイキングに行く?となりました。(いや、前日八幡浜で飲んでたから、私は食べ放題は…と思ったけど、自制すればいい話だし、おいしいと聞いていたからやっぱり行ってみたい☆)

というわけで、大街道口にある、東急REIホテル松山の2階にある、ピノモンテさんへとおじゃましました。

おひとり様1つだけ、ローストビーフがいただけます。

松山 東急REIホテル ピノモンテ
松山市一番町3-3-1
ランチは11時15分~14時(~14時半・土日祝)

ビュッフェは1400円。
ビュッフェじゃないランチもあるみたいです。

 

こちらのチーズで、パスタも後でいただきます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月ということで、おせちもありました。

 

 

 

4人全員、「飲むって聞いてたから…」ということで、飲む準備万端です。
お昼から乾杯!

私の一式。

 

ローストビーフもいただきます。

さつまいものスープ。

アルコールを集めてぱしゃり。
向こうの2人はワインです。

アルコールは、別料金ですよ♪

大きなチーズの、パスタもお願いしていました。

そして最後に、気になっていたカレーもいただき、デザートと珈琲。
カレーは、赤いのがものすごく辛かった!!!(左右違うカレーを取っています)

コーヒーをおかわりしながら、おしゃべりに花が咲きました。
最後は、「そろそろランチタイム終了です…」と言われて、おいとますることに。

広い店内で、ゆっくりさせていただきました。
ごちそうさまでした。

 

ちなみに食べ放題は、英語でバッフェ(Buffet)です。
ビュッフェとかバイキングって、日本語で通用してるけど、語源はなんだろう。

でもBuffetっていうスペルも、もともと英語じゃないっぽい。
最後が「t」で読まないって、フランス語じゃないかなあ。

フランス語って、最後3文字くらい全部読まないとかあって、筆記で答えなさいってほんと泣く…。
日本語のむずかしさも相当だと思うけど。

そして日本語は音がものすごく少ない言語なので、日本人には多言語習得にはハードルが高いのです。
少しずつがんばろう。

 

 

 

 

 

 


愛用している、オーガニックのホホバオイル。
ハンドクリームのように手にぬったり、顔や頭皮、髪に塗ってもいいのだとか。
職場にも1本置いていて、ぬりぬりしてます。
オイルだけど、すっとなじむので気に入ってます。

先日プッシュしたら、出ない。
なんか詰まってる。
がんばって押したら出たけど、裏の注意書きを見たら『10度以下で凝固することがあります』って書いてあった。
部屋が寒いみたい…。

 

ほんとに寒いですね~

今日はセンター試験初日。
来年が本番という長男も、申し込んでいるし受験しました。
昨日の時点で、「黒鉛筆って書いてあるよ」って鉛筆持ってないって。
だから、ツタヤで何度か買う?って聞いたのにいらんって言うから…。

探してみたら、昔のポケモン「バトル鉛筆・バトえん」があって、「これ持っていくわー(笑)ダメージ40って書いてある(笑)」って言ってたけど。
深夜に近所のコンビニで、すでに削ってあってキャップもついてる鉛筆を買ってきてました。

明日もがんばろう。

人と違ってて、全然いいんだよ~って思う。
ペースが違ってても、みんながしていることから外れても、1人でも、そこに「自分」がちゃんといたらそれでよし。

でも私は、大学自体はどちらでもいい。
来年希望通りの進路になったら、あなたがうれしいから私もうれしい。
そこにあるのは「期待」というよりは、「信頼」なのです。

あなたがやること、やらないこと、自分で考えて決めて行動するなら、それでよし。
見守ってるからね。
信頼して、ちょっと離れて見守る。

あなたは大丈夫。
人生一緒に満喫しようね。

さっき、「俺、来年もバトえん持っていくわ(笑)」って言ってた(笑)
そうしてください 🙂

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください