スポンサードリンク


〇だらけの青島☆ニャー

スポンサードリンク

最近、ちまたで話題の、猫島もとい、青島。

全国的にも有名になってきてるというその島は、愛媛県にあるんだそうな。

人口15人、昔は数百人の人が住んでいたようなんだけど、今は過疎の島になっているのだとか。その人口に対して、猫の人口100匹以上。
天敵もおらず、車もない島で、たくさんある空家で暮らしているんだって。

猫好きの観光客が、連日訪れているみたい☆
でも、船があまりないみたい…

という話をある日ボスとしていたら、ちゃちゃっとネットで調べてくれました。

1日2便。

10月なら、朝と夕方にそれぞれ大洲の長浜港から往復してるみたい。
朝は滞在時間15分しかないけど、夕方は1時間ある!

15時15分に着いて、16時15分にまた島を出る。1時間あれば、猫とたわむれてちょうどいいくらいかな?

というわけで、ある休日、「俺も行きたい」という次男と一緒に、いざ猫島へゴー!ネコニャー。

島には、車どころか自転車もなく、お店も自販も何もないらしい。

それで、午後からうきうきと、パン屋さんに寄ったり、スーパーに寄ったりして食材を買い、猫ちゃんには煮干しを買ってみた。だいたい、エサを持って行ってもいいんだろうか?と思いながら。

1袋だけ買いました。

ちょうど少し前に、ドッグフードやキャットフードの恐ろしい話をFBで読んでいたのもあり、どうしてもペットフードが買えなくて。無添加の煮干しを買いました。

さて、買い物も終えて、さあ行くぞ!と思ったときに、ふと、あれっ船って、15時15分島に着くんだったよね…という事実に気づく。

あっ私、15時15分に船が出る ってなぜか思い込んでたよ!!

次男が、「いつも迷うから、ちょっと早めに出ようよ」というので、「長浜だよ~はっはっ知ってるし~一本道だし~ラブラブ」と答えつつも、少し早めには出てたの。

道は知ってたけど、時間を間違えたーーーー!!! 😳

ガーーーン!

と言いながら、下の道をのんびりいく予定を変更し、きゅうきょ超ダッシュで高速道路に1区間だけ乗って、あとは海沿いの道をダッシューー!!

ガーン、こんな時に限って、高速では高速教習の車がのろのろ前を走ってて単線だし、一般道に降りてからは、めっちゃ遅い軽トラが何台も引きずってのろのろ走ってるー!

もう~~~!!

 

3分遅かった!到着したのは、14時33分でした…。

も、もしかして、ちょっと遅れて出発…なんてことないかな?と車を降りて、うろうろしてみました。人のよさそうなおじさんが近寄ってきて、「あー、猫島?船行っちゃったねえ…。また来てね」って。

ものすごくショックで、涙出ました。ちょっと車の中で、茫然とシクシクしてしまった。

優しい次男は黙って見守ってくれてたけど、これが激しい長男なら、「泣いたからってどうもならないだろ!いちいちこんなことで泣くなよ!」って怒るんだよ

そしてケンカになる☆

でも次男は、その後帰りの車内で、「明日の月曜、振替休日だから、また行けるよ」だって。
えっ、というか、振替休日って知らなかったけどっ。

じゃあお昼ご飯がいるんじゃん。そういうことは、早く言ってよ。

月曜は私が仕事だけど、もし帰れそうなら、午後から帰るね!!!とちょっとうきうきしました。

帰りに、双海でちょっとつまみ食い。

揚げたてのじゃこ天、見た目よりもずっとずっとおいしくて、いつもびっくりしちゃうくらい。

そしてこのイカと、もえびも食べました。

ガツガツと食べている前で、海とたわむれている次男を遠目に見守る…。

海と、おいしい食べ物で、すっかり気分もよくなって、帰路についたのでした。

 

さて、翌日の月曜日。この日は、実は仕事めっちゃ忙しくて。

でも私の祈りが通じたのか、奇跡的にどんどん終わっていって、なんと無事に午後休取ることができたー!

FBで一部始終をチェックしていた同僚のKちゃんも、朝いちばんで、「行くのっ?休むの?」とすごく話が早いしラブラブ

ボスにも、猫島行くから、午後から帰ります~と、少し残っていたけど、もう置いて帰っちゃった。

ここから本番。

昨日買った煮干しを握りしめ、「もうどこもお店寄らずにまっすぐ港に行くよ」という次男と、ダッシュでまた長浜へ。

少し早いかな?というくらいで、ちょうどよかった☆

船、いるいる!

案外、船代は高いのね。

中学生からは大人料金で、二人で3000円弱。

 

寝転がるスペースがあったり、船は結構大きいの

私ちは、デッキの方で、潮風を感じながらの船旅45分でした。

住所を書くのだけど、県外の人も結構来てるよ。

そして平日だから人いないかな?と思ってたけど、結構人が乗ってました。

でも、ここまでしてやってきて、実はそんなに猫いなかったりして…。
そんな不安を抱きながら、45分揺られていたのでした。

 

 

続く……。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA