スポンサードリンク


王者の風格!贅沢な「紅まどんなのかき氷」 @松山二番町・あんから庵

スポンサードリンク

甘味屋さんの あんから庵さん。
毎年、夏のかき氷もとっても有名なのですが、今年ももう始まってますよ~
そして新しいフレーバーがあるのを見てしまったので、絶対にそれを食べようと決めていました!!
その前にいくつか用事をこなし、午後はカフェでちょっと仕事していて、なんだか腹痛が…

(多分ジーンズがきつかったんだと思われる)

ちょっとお腹痛いけど、でも絶対に食べると決めていたので、なんとしても帰りに寄るのです。
さすがに夕方だし、まだ5月初旬だし、そんなに混んでいないだろうと予想しています(^^)

ふと今日のあんからご飯メニューを見ると、海老!!
えび天ぷら食べたい…でもお腹がかき氷分の余力しかないのです。無念。

あんから庵
松山市二番町2-5-11
11時~20時(LO19時半)
木金定休

おじゃまします~

階段を上がったところにイスがあります。
混んでいる時は、階段までずらっと並ぶんですよ。

そして入店すると、夕方だったけどまさかの満席!
さすがのあんから庵さんです…
しばらく待ちます。

さて、今あるかき氷の全メニューです。
五色もちも気になる♪
一番好きなのは栗ほうじなんだけど、今日はもう一番最初の紅まどんなを食べると決めている!!

どのかき氷もハーフサイズ可です。
500円もしくは600円になります。

ところがこの「紅まどんな」だけは、ハーフサイズなしの1200円です!!
別格ですね(*^_^*)

わき目もふらずに注文して、待つことしばらく…
来ました!!
すごい!!!

ちょびっとお腹痛いけど、絶対に全部食べます。

上に、紅マドンナのアイスがのっています。

その下には、濃厚な紅マドンナソース。
そして紅まどんな本体もたくさんのっています。

 

氷もふわっとしているし、紅マドンナの上品な甘さとさわやかな酸味、そして濃厚なソースとアイスがもうたまりません。

皮つきのは凍っているけど、果肉はちょうどよい感じの冷え具合です。
皮も食べるんですよ~甘味と苦みがおいしい。

そしてやはり大きなサイズなので、全部氷だとお腹が大丈夫かなと思ったりもしたけど、食べ進めていくと、中にゼリーがあります。

 

これも紅まどんな風味でおいしいゼリーです。とってもジューシー。
そしてこれが、氷の合間にいいアクセントになっていて、どんどん食べ進められるのです。

 

最後の1つ。
おいしかった…ごちそうさまでした。

ものすごく満足感があります。
紅まどんなの手作りかき氷って、あんからさんにしかないんじゃないだろうか。
本当に贅沢。

食べられて幸せでした。

帰宅してゴムのズボンに着替えて、しばらくすると腹痛治りました。(どんだけやねん)
変な病気じゃなかったみたいで、よかった(^^)

一度決めたことは、どんな障害があっても乗り越えた方がいいと、またこの日実感いたしました。
(痩せましょう)

これからかき氷の季節ですね。
また今度は、五色もちを食べに行きたい…ハーフにして、2種類食べるぞ!

 

 

 

 


さて昨夜焼いたディアマンクッキー。

深夜に焼きあがる…
そして適当に丸めて切ったので、大きさバラバラだし、砂糖の付き具合もバラッバラ。
今度はもう少し丁寧に作ろう。

ディアマンクッキーは職場で配りました。
おまんじゅうを物々交換でくれた人がいました♪

帰宅すると、あと2枚。
左のは一番端っこなので、形がいびつ。
もっと上手に焼けるように、また焼こうっと。

そしてディアマン焼きながら、仕込んでいたカンパーニュを焼きました。
10時間くらい、寝る前から夕方まで、冷蔵庫で一次発酵。

ヴァローナチョコもおりまぜて、夕飯作りながら二次発酵。

 

今日はもう冷蔵庫からっぽ。
あるもので夕飯です。

いつもの鉄鍋ご飯。

メインは、残っている素材でハンバーグ一択でした。
いつもハンバーグ・唐揚げ・グラタン系をローテーションで作っている気がする。

夕飯できあがり頃、パンも発酵あがり。

焼きましょう~

うわっなんだか爆発した。
なぜだか全然分からない…パンはほんと、むずかしい。
私がおおざっぱなのもあるんだけど。

きれいなカンパーニュが焼きたい。
また引き続き、こちらも練習しよう。

というわけで、あるもので今日の夕飯でした。

今日も1時まわってしまう~
あまり仕事もはかどらず。
とりあえず寝ます(*^_^*)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください