松山でも珍しい角打ちのお店 @萱町住田酒店

スポンサードリンク

角打ち:お酒屋さんの店内で、その酒屋さんで買ったお酒を飲むこと・またはそのお酒屋さんのこと。

福岡とかで角打ちに一度行ってみたいなあと思っていたけど、「松山にもありますよ~」と教えてもらって以来、行く機会をうかがっておりました。
萱町にある住田酒店、営業時間は16時半から。

ある日の18時頃、行ってきました~ 🙂

郊外電車の古町駅を降りると、向こうの方に見えてきます。

住田酒店
松山市萱町3丁目5-10
お店は9時~21時
角打ちは16時半~21時

見えてきた~☆

駅から来ると、突き当りです。

ちょっと一杯立ち飲み。

「お安く一杯!立ち飲み」ということで、値段表も外に貼ってありますよ。
「お気軽にお入りください」とあるんだけど、誰もいなさそうだし、私1人(あとからもう1人来るけど)だし、ちょっとうろうろしてしまいました。

はいりまーす。

入ると、立ち飲みスペースもありましたが、イスもちゃんとあります。
親子でされているみたいで、お母さんと息子さんが出迎えてくださいました。

住田酒店 立ち飲みシステム。
酒を選ぶ・つまみを選ぶ→お金を払う(先払い・現金のみ)→飲む→酔う→帰る
『飲みすぎ注意!!』
(お母さんによると、日本酒は3杯まで、それ以上は味が分からなくなるからとのこと)
(※ボトルキープに関しては、上限なし(笑))

そして外から見るよりも、食べ物系も充実しているのです。

奥のここに座りました~そしてお酒をついでもらって、許可をもらって写真撮っていたら、お兄さんが「あっ瓶も撮る~?」とお酒をまた出してきてくださいました。

京ひなにしたの。

おつまみは、何にしようかなっ。

女性1人でふらっと入っても、全然普通の対応してくださるので、なんだか居心地いいですよ。

ちょうちんが下がってるのが、個人的になんだか祭りみたいで好き。

お湯とか、コップとか、色々置かれているのは、きっと常連さんがちゃちゃっと自分でやられるんでしょうね。

寒い日でしたが、さっと私の横にストーブ置いてくださったりとかね。
ありがとうございます~~~♪あったかい♡

近所だったらキープしちゃうかも…。お酒の代金+キープ500円ですよ。

お酒の種類も多いのですよ。
焼酎、ワイン、ビールなどもあります~

冷蔵庫にあるものも食べていいんだって。

スナック菓子とか缶詰とか、なんでも食べられるよ~

と、またここも、お兄さんが写真撮るならと、さっと片付けてくれて商品見やすくしてくださいました。
スナック菓子好きなんですよ~でもこの後が控えているので、とりあえず今日はおとなしく…。

↓これこれ。

おでんいただきます。
こんにゃくと大根という、カロリーを考えてみたチョイスに。

ということで、お酒400円とおでん2本の200円、合計600円です。

 

 

いただきます~

おでん、お母さんが「2個ほどおまけね」って、頼んだ2個とあわせておでんが4個!ありがとうございます~♪
もうこんにゃくと大根を頼んだんだか、こんにゃくと卵だったか、忘れてしまいました。

ちょびっとスジも入ってるよ。ありがとうございます♪

このビジュアル好き。
お酒飲みの一員になった気分です。
松山で角打ちできるとは~♡

おてふき、ティッシュ、爪楊枝、おちょこ…完璧では。

ここでO氏が到着。
同じように、まずは日本酒とおでんですよ。

お店の方と皆で、いろんな話で盛り上がりました。
お店のお兄さんも、あちこち食べたり飲んだりしに行くのが好きみたいでした。

O氏発注、ハムカツ。分厚い~揚げたて。

注文してから8分かかりますよって書いてあったけど、ほんと分厚いです。

勝手に食べる私…。
半分近く食べた☆おいしー。

ハイボールお代わりされてました。
私はとりあえず、お酒1杯にしておいた。

ワイワイと飲んで、次の会場へと向かうのです。
楽しかったし、是非また行きたいです。

想像以上に素敵な角打ちのお店でした。
一回行ったので、次は1人でも行けるかも~?
常連さんが多いみたいで、席も決まってるんですよ~なんて言われていたので、気を配りながらまたおいしく飲みたいなと思うのです。

 

 

 

 

 

 


昨夜珍しく、お風呂をごしごし掃除して、のぼせかけたせいか、明け方3時頃目が覚めて、寝られなくなってしまいました。
汗かいてあまり水分取らなかったから???

でもお休みなので、お昼前までゆっくり寝てしまいました。ちょっとすっきり。

ストレス発散に、今日は2つお菓子作り。

卵3個分のジェノワーズでロールケーキ。
発酵バター、色がきれい~おいしそう。

もう一つは抹茶のケーキ。
このバターに卵入れていく作業がとっても苦手。

すごく体力使います。それに分離が気になる…。

やっぱり最後の最後で、分離しかかってちょっと粉いれる…。難しい。
黄色いのは、白身をカットしながら混ぜてくれるものです。どどっと白身が入っちゃうのを防げるんだけど、分離しなかったことないなあ。

口金なしで、100均の絞り袋で生地を流します。

こういう、何度でも使える絞り袋もあるけど、使い捨てがほんとに楽ちんなのです。

ロールは、フルーツがなくてクリームだけ。

 

ホワイトチョコと抹茶とクリームで、デコ。

このケーキ、ほんとにしっとりでおいしい♪

ちょうどこの後、夕方から美容院だったので、ちょっとカットして差し上げました。いつもタイミングで、人にあげちゃいます。

そんなわけで時間なくて、夜は簡単にエビドリアとトマトスープ。

 

ご飯上下逆の写真になっちゃったけど、土鍋炊き立てご飯を、炒めた玉ねぎ・海老・ケチャップ(もちょっと炒めて酸味をとばす)に加えてまぜます。

なたね油と米粉を炒めて、牛乳を加えていきます。

ホワイトソースは、好みのゆるさで。
チーズのせて焼きます。

ほんとはお魚のフライとかつけたかったけど、今日はこれで。

スポンサードリンク



2 件のコメント

  • 角打ち、松山で珍しいですね!
    ちょっとした料理もあるのですね。

    色々な日本酒もありますね!
    江戸時代なら原酒を樽で買ってきて、そこに店主が好き勝手に水をぶち込んでかさ増ししていたことが多かったそうですが、店によって味わいも酔い具合も変わってきていたそうです。
    今はそんな事をしていたら大変なことになりますよね!!!

    愛媛のお酒といえば『千代の亀 銀河鉄道』がオススメです!
    少々高いお酒なのですが、とても美味しいです!

    • 珍しいですよね、外で見ていたよりもずっと雰囲気がよくて、常連さんが多いのもうなづけます。
      かさまし、確かに今はしたらだめですけど、昔は大らかでよかったのかもなんで思えたりもします。

      千代の亀、どこかで見かけたら飲んでみます♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.