フグコースの唐揚げ三昧(雑炊未到達) @萌屋(もえぎや)

スポンサードリンク

2月ももうあと1週間くらいしかないんですねー。

というわけで、この時期のお楽しみ、久しぶりに贅沢なフグコースをいただいてきました。
大手町に近い三番町にある、萌屋(もえぎや)さんです。
これを書いていて、今更ふぐコースの値段を知る私なのです☆(いろんなことに無頓着)

何年か前に、こちらでやはりフグコースをいただいたことがあります。
今回は、5人でおじゃましました。

この日はゼロ次会で住田酒店に行っていたわけなのだけど、そちらでお兄さんから、「萌屋さんの近くにおいしい焼鳥屋さんがあるよっ」と聞いていたのです。
O氏と一緒に、あっここだね~~と言いながら、吸い込まれそうになっておりました。
看板がないお店でした。また機会をうかがって突撃したいですね。

いやいや、萱町からえっちらと歩いてきたので、すでに遅刻している気配が濃厚で(時計未確認)(いろんなことに無頓着)、さすがにこのタイミングで2人で焼鳥食べちゃったテヘへと、もっと遅刻するのは許されなさそうなのです。

何より、贅沢なフグを、おいしくいただきましょう。

さて、萌屋さんにはフグ以外にも、色々とおいしそうなメニューがあります。

やはり私たち以外の3人は全員そろっていて、すでに飲んでいるようでした。追いつきます~

生ビールで。乾杯!!

突出しを食べながら、ふぐざくいただきます。

そしてフグのお刺身、なんと1人1皿です!
分厚いし、食べごたえ十分。おいしい~~

萌屋
松山市三番町4-7-15
11時半~14時
17時~22時
土日祝定休

幸せな時間ですね♪

いつものようにおおはしゃぎしているK氏に、「1回〇ね!!」と言ってしまい、Ikechanに「…〇ぬのは1回しかできんよねえ」と冷静に突っ込まれたりしながら、会はなごやかに楽しくすぎていくのです。
(この言葉を使うと、「あまり言わない方がいいんだよ」と次男にやんわり諭されます。彼は言霊の力を魂レベルでよく知っています。というわけで後から反省。)

そしてやっぱり、「ひれ酒いかんとね」という号令とともに、「いる人~」で全員挙手ですよ。

濃厚です。フグと一緒にひれ酒、贅沢です。

そしてフグの唐揚げ。もう絶品。

これも1人1皿です。熱々でうま~

ふぐの握り!!!

うっとりしながら、味わっていただきます。
あと1個しかない…とか言いながら、しばらく目でも楽しみました。

そして鍋タイム。
フグが山のように盛られていて、唐揚げ好きな人たちが「鍋用のフグ、一部また唐揚げにしてーー!」ということで、厨房へと引き取られていくフグたち。

煮えるのを待ちます。

唐揚げになって戻ってきた、一部のフグたち♪

濃厚なポン酢でいただく、フグ鍋。最高です。あったまる~
鍋奉行ありがとうございます。(いつも動かないわたし)

糖質制限してる人たちは、マロニーも食べないんですね…。私は糖質フリーフリーなので、いただきますよ~

すっかり満腹になり、そして次のお店の予約時間が迫っているのと、次のお店で合流する人が2名いるので、遅れるわけにはいかず、もう出る時間になってしまいました。
というわけで、お楽しみの雑炊はならず…
雑炊、おいしかっただろうなあ。食べたかった。

なぜか、このメンバーさんたちとは、大抵ハシゴになってしまうため、時間に追われることが多々あるのです。
でも食べることが好きな人たちとワイワイ楽しい時間を過ごすのは、ほんとにいいですね。いつもお付き合いくださって、ありがとうございます。

ごちそうさまでした、ほんとにおいしかった。
というわけで、続く… 🙂

 

 

 


出勤してデスクに行くと、何やら怪しげな物体が…。

「嫌がらせじゃないですよ!」って、分かってますよ~~
これは、きくらげです。
前に父が取ってくるんですよね~という話になって、Kさんからおすそ分けをいただいてしまいました。

きくらげってお値段とっても高いから、すごくうれしい!!!
中華に使ってみます~~

そして別のお友達も、「ちょっとばかりの気持ち…」ってプレゼントをデスクまで持ってきてくれて。
ありがとう~♡めっちゃうれしい♪♪

フランス語。(3級では読めません…)
ラッピングまでしてくれて、ほんとにその気持ちがすごくうれしい。
またしばらくがんばれそう♡

夕方のおやつ。さっぱりしておいしかった。3分の1くらい食べて、また冷凍庫に戻して帰宅。

帰宅途中に少し寄り道。
手帖にいろいろ書きとめたかっので、コーヒー飲もうかと思ったけど、ちょっと今日はあったかいし、でもアイスにしたら寒くなりそうだし、そんなにコーヒーいらない感じだし…と桜のタンブラー見てたら、ちょうどいい量の、ちょびっとのコーヒーをお試しでいただきました♪

そして前からほしかった、バッタの本も買って帰る。
バッタになって世界へ行ってしまう偉い人の話(ざっくり)。
携帯のポイント分で買えてしまいました。

 

帰りにスーパーに寄ったら、どーんとエシレ様が視界に飛び込んできた~。
3割引き!!
お金持ち理論では割引のものを買うのはあまりよろしくないけど、エシレ様だもん…。

わーーーーいと買い占めて、レジでお金が足りない……。
300円近く足りなくて、えーーーっと…と財布の中をごそごそ1分くらい探してみたけど、やっぱり足りなくて。

久しぶりにレジの方に、「あの…すみません、5分後くらいにまた来ます…」とカゴなどをそのまま置いてもらって、ATMへ走りました。

おそるべしエシレ様!!
3割引きでも、お金足りなくなりました。(計算しなされ)

塩入りと、塩なしを買いました~うれしいな~~~冷凍できるし~~~~賞味期限全然大丈夫。
何気に、エシレ買うの初めてです。

とりあえず、3割引きのシールははがしました。
下にあったのは、2割引きのシールでした。
2割引きのシールもはがしました。

でもきれいにはがれなかった…。

次こそは、定価でちゃんとお金引き寄せ理論に基づいて、がっつり買います。
トータルも計算してから、レジに向かうことを誓います…。

レジの方の対応がちょっと冷たくて、申し訳なくて反省しています。
次に並んで待ってるお客さんもいたし(汗)

エシレ様、3割引きで700円くらいです。100gで!!!!!
4個買ったら、割引でも2800円!!!プラス税金!

スポンサードリンク



2 件のコメント

  • フグ料理、とても美味しそうです!

    フグざくは愛媛県新居浜市発祥の郷土料理ですよね。
    歯ごたえのある皮の食感が心地良いですよね。

    それにしてもフグは毒があるのが難ですよね。
    トラフグの場合は白子は無毒なのでパクパクと食べる事ができますが、卵巣は猛毒なんですよね。

    ただ石川県の郷土料理で『フグの卵巣の糠漬け』というものがありますよね。
    卵巣を2年以上糠漬けにするのだそうですが、そうすると毒素が消失して食べることができるのだそうです。
    フグ毒とはテトロドトキシンのことなのですが、なぜ減毒されるのかについては、未だ科学的にはよく分かっていないそうですね。

    • フグおいしいですね~贅沢なのでしょっちゅうは食べられないですけど、コースでいただくのはほんとに満喫できますね。
      毒があっても、それでもなんとかして食べてきた日本人はすごい。
      糠漬けで毒がなくなるっておもしろいですけど、2年以上ってその試行錯誤の間にどのくらいの人が毒にあたったのでしょうね…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.