スポンサードリンク


京都の風鈴寺・夏の風鈴祭りは9月18日まで @京都宇治田原・正寿院

猪目窓
スポンサードリンク

お天気がちょっといまひとつでしたが、先日、京都の風鈴寺と呼ばれる正寿院さんへとおじゃましてきました。

 

駐車場から少し上がると、風鈴まつり開催中の正寿院さんに着きます。
ほんとはお茶とお菓子がついてくるけど、今は中止中。
そのためか、おせんべいがついてました(*^^*)

宇治の山を上がっていったところにあるので、京都市内よりも気温も少し低く、心地よい空気が広がっています(*^^*)

ひまわりのあざやかな風鈴♪

 

 

 

カラフルな風鈴も。

 

 

こちらは地蔵堂さん。

この風鈴は、紫陽花風鈴です。
よく見ると造花なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではちょっと中へ。

 

全国47都道府県の風鈴が勢ぞろいしてました。
愛媛県(*^^*)

京都。

 

特別公開、江戸時代の動物画。

 

ここから外へ行きます~。

 

花手水もありました。

 

 

 

 

 

 

ここでスリッパをいったん脱いで、ちょっと畳を横切って元の場所に戻しておきます。

 

 

 

素敵な場所でした(*^^*)

 

 

 

 

では、駐車場へ戻る道沿いにある、こちらの建物へ。

 

 

 

中に入ってみましょう~

猪目は、ハート形のことなのです。
こちらには、猪目の窓と天井画があるんですよ~(*´ω`*)

天井画がきれい!
全然カメラにはおさまらないのですけど。

 

先客がいて写真を撮っているので、私はお庭の写真を撮ったりして、ちょっと待ちます。

 

 

 

 

 

 

それにしても、1枚1枚の絵が本当にきれい。
寝っ転がって、ずーっと見ていたいし、昼寝もしてみたい(*´з`)

 

というわけで、猪目窓と天井画です♪

 

 

 

 

 

 

猪目から見える風景は、季節ごとに変わるんだとか。

庭には出られないけど、素敵な空間でした。
秋の紅葉もきれいなんだろうな。

 

本当にこのお部屋素敵。

うつ伏せはNGだけど、あおむけはOKです。
でも結構他にもお客さんがいるので…誰もいない時にトライしてみたいものです。

季節ごとに変わる、猪目窓からの風景。

 

 

 

最後にもう一度、ゆっくりと見てきました。

 

風鈴の動画です。
音色がきれいですね♪

 

 

↑天井画が全部おさまっている!

どうやって撮っているんだろう~

 

正寿院
京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149
9時~16時半
(冬期12~3月と、緊急事態宣言の9月12日までは、16時まで)
風鈴まつりは6月21日~9月18日まで。
花風鈴小径は7月上旬まではあじさい風鈴、8月末まではひまわり風鈴、9月はこすもす風鈴になります。
お茶とお菓子つきで通常は600円、風鈴まつり期間中は700円。

サイト

こちらでは、庭を見ながらお寺ヨガとか、オリジナル数珠作りとか、写経、写仏体験とかもできるのです。
風鈴まつり期間中は、風鈴の絵付けもできる。

ちょっと山道をドライブして、清々しい空気とともに、リフレッシュできる素敵な場所でした(*‘∀‘)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください