スポンサードリンク


無事に帰国しました~やっぱりフランスが好き~①

スポンサードリンク

というわけで、パリから帰国して一夜明けて、かなり回復しました…
もうね、相当に、ロングフライトと時差と荷物に疲れました。帰りの機内は吐き気との戦い!
無事に帰ったことを一番喜んでるのは、私自身です(笑)

疲れすぎて予定とか詰め込みすぎて、思い出すとまだ吐き気がするので(笑)、ぼちぼちとフランス記はアップしていきます。
写真だけでも1500枚くらい撮ってるみたいだし、整理がてら色々書こうと思うので、終わりまでは長くなると思いますが、時々アップするのでよろしければご覧ください~(^o^)

数日しかいないと思うと、あれこれ詰め込んでおかないとって無理しますよね…なんとか回復するはず!って自分を信じながら、靴をミドルヒールで行ってしまったことを後悔しながら、がんばってきました(笑)

一番最初のプロブレムは、(今、言葉が英仏ちゃんぽん状態です)、これで行こうと思っていたスーツケースが朽ち果てていたこと☆
ずーっと海外行ってなかったし、機内持ち込みの小さなスーツケースはいくつかあるけど、ミドルサイズのケースはそれしかなかったのでどうしようかというところから。
レンタルも考えたり、貸してあげるよ~という声もあったのだけど、また行けることを信じて、やっすいのを密林で買う。

ミドルサイズで、5600円くらい。
壊れてもいいかと思ってたけど、こちらも一緒に無事に生還しました。ありがとう。

さらに、パリではお天気が悪かった。
↓金土日の予報なんだけど、お日さまは一度も見なかった。でも滞在中は雨降らず。
正確にはUber(タクシー)に乗った数分だけ結構降ったけど、降りたらまたやむのです。ありがとう。

到着したらまだ夕方なので、アパルトマンに入ってすぐ、とりあえず出かけました。
メトロの駅がどっちかもまだ分からないまま、アパルトマンのエレベーターに乗ると、中国系の女の子がすでに乗っていて、陽気に話しかけてくれて駅まで一緒に行ってくれた♪
「韓国?あっ日本なの?私は中国なんだけど、数年前から家族とパリに住んでるの。大学行って、勉強してるんだ~この辺はおいしいお店多いし、安全でいいところだよ~」って、最初フランス語で挨拶して、そこからは私がフランス語片言なので英語でおしゃべり。
パリでは結構予想よりも英語が通じて、ほっとしました。

そしてよく迷うから、駅まで一緒に行けてよかった~って女の子に言ったら、このアプリがすごくいいよ~パリのマップの!って教えてくれたけど、とりあえずグーグルマップでなんとかなりました。

切符もいろいろあるし、1日乗り放題とかツアリスト向けのもあるけど、(その女の子とか他のフランス人は、みんなピッてやるICカードのNavigoを使ってました。写真があれば作れるので次は写真用意して行こうかな)、私はそんなに乗らないよね…と思ってしばらく案内の前でにらめっこ。

パリのメトロは、範囲内ならどこまで行っても乗り換えても、1.9ユーロ。(200円ちょい)
バスには乗らないつもりだったし、遠出もしないつもりだったしで、10枚の回数券が1.49ユーロで買えるから、まずはそれを買いました。

1ユーロ130円くらいなので、これでメトロ1回分が190円くらいになります。
(ってその後、あれっこれまだ使ってない切符なのに、改札でリジェクトされる…?って思ってたらやっぱりそうで、最後は「これ使ってないけど通れません~」って駅員さんに言って新しくしてもらえました。3枚くらいは損したと思う。そのつど申請したらよかった)
駅員さんに、と言っても、誰もいない駅もあったりします。

そして、アパルトマンにiphoneがあって、持ち出しも可能だったの。
それのテザリングで、私のiphoneも常にネット接続できていたので便利でした。関空でWiFi借りてたけど、一度も使わなかった。

グーグルマップが命です(笑)方向音痴なので、ほんと助かった。
しかも、目的地にカタカナ入れても出るの。

メトロもこんな風に出るけど、目でちゃんと路線図確認すると、いやいやこう回る方がいいよっていうこともあったので、メトロはちゃんと自分で考えて乗りましたよ。

そしてなんだか機動隊みたいな人が道路封鎖してる?と思ったら、どうもシャンゼリゼで起きたデモがひどいことになっているようでした。
この直前に、メトロ乗継も悪く、歩くと2キロっていうポイントにいて、初めてUber(タクシー)使ったんだけど、その時に運転手さんもシャンゼリゼのこと言ってて。「ちょっと運が悪かったよね、今あの辺は行けなさそうだよ」って言ってたからなんだろうと思ったんだけど。

帰ってからちゃんとテレビ見ると、こんな感じだったらしく。
死者まで出たみたいで、元々はガソリン税が上がることに反発・抗議して起こったらしく。しっかり主張するところはさすがフランスだと思うけど、ここまでひどいのはちょっと…
この夜、私もうろうろと出かけてたけど、メトロが一番ひどい辺りを通過したり、ちょっとキナ臭い匂いがしたりしてましたが、街は普通に飲んだり食べたり買いものしたり、普通にたくさんの人でにぎわってました。

フランスでデモやストは日常茶飯事なのですね。
ここまでひどいのはいけないと思うけど、日本は消費税が上がっても、水道が民営化されても、政治的なことにはほんと無関心だなあと思いました。
日本を出ると、日本のことを思います。

今回お買い物も色々したから、とにかく荷物にも疲れちゃって。
次回はこのレンタル自転車使いたいなあと思うのでした。
坂も多かったし、できたら電動がいいけど…
これはアパルトマンのすぐ前。
こういうステーションがあるところならどこでも、借りて返せるのです。
使ってる人も結構見かけました。

キックボードみたいなのも、乗ってる人いっぱいいた。
あとバイクも多いし、道は狭いしで、事故も多いらしい。これは空港からのドライバーさんに聞いた。

そしてこれ!
帰りのエールフランスが突然欠航(笑)
近所のケーキ屋さんのお姉さん(日本人)によると、フランス人働かないのよね…って(笑)
エールフランスも、時々まとめて運行しちゃえ!ってなるとか。

↓朝起きたら、こんなメールが来てて、あっという間に目が覚めましたよ。

運行上の理由ってなんやねん?

とりあえず、来る便じゃなくてよかった~来られたから、もう帰りの便はなんでもいいや、探してくれるって言ってるしと気にしなかったら、その後メールがまた来ました。

おおお~、北欧経由ですか。
ヘルシンキ行ったことないので、ちょっとラッキーって思ったりして。

こんな感じ。

それにしてもiphoneは便利です…昔とは格段に、便利な旅ができるようになりました。

ヘルシンキ乗り換え、あまり時間なかったけど、マリメッコのポーチ買っておけばよかったな。

どこもかしこも、Noelでした。

そんなこんなで、無事に関空到着。
エールフランスの到着時間よりも1時間半くらい遅く着いたけど、松山行は夕方発なので全然楽勝です。

松山ー大阪は、エールフランスとは別に国内線で取っていたけど、こういう時は松山から一気に取っておくと、国内線の乗り継ぎが間に合わない!ってことも防げるのかもです。(そこまで考慮して、エールフランスが飛行機を取ってくれるはずなので)

帰りはもう疲れ果てていて、ヘルシンキ行が小さめの飛行機でがっつり満席だったので、これヘルシンキから大阪もこんな状態で9時間って、もうもたないかも…って思ったんだけど、そっちは結構空席があってよかったの。

シャルルドゴール空港で、やはり座席指定してなかったから、カウンターで黒人のお兄さんが席を取ってくれたわけなんだけど、パリ-ヘルシンキもヘルシンキ-大阪もどっちも窓際席だったので。
ヘルシンキ行は窓際でもいいけど、ロングフライトの方はアイルシート(通路側)にして!って頼んだら、そうだよね動きやすい方がいいよねって言われてね。
Is it full passenger?って聞いたらYesって言われたけど、フルなのはヘルシンキ行だけだったね。

でも後から思ったけど、多分このときに黒人のお兄さんがちょっとサービスしてくれたのかな…。
フィンエアの関空行き、エコノミーが2種類あって、私はちょっといい方のエコノミーの席だったので足元も広いし、周りに空席がある席だったからラッキーだったの。
ボーディングして乗った時に、いい方のエコノミーはまだ空席があるから、70ユーロ(って言ったと思う)でアップグレードするけどいかがですか~?っていう機内放送も流れてたの。

きっと黒人のお兄さんのおかげかな~ありがとう。

 

ヘルシンキから大阪の便は、まわりが空席だったから席を移動させてもらって、横並びの席を全部使って寝られたんだけど、なんだか疲れと食べ過ぎ?なのが出たのか、ヘルシンキでかきこんだサラダが悪くなってたのか(シャルルドゴールで買ったんだけど、乗るまでに食べられず、そしてヘルシンキまでの便では3時間くらいだったせいかご飯出なくて、ヘルシンキ着いた時にとりあえずお腹すいてた)、機内で出た最初のディナーはカレー食べちゃって、スパイスで元気出るかと思ったら全然消化できず、ずっと吐き気との戦い☆

2回目のmealの朝ご飯はいらないと言ってひたすら横になっていて、関空着いて手続き終わったら、有料のゆっくりできるスペースでまた寝ました。
こういうスペースすごい貴重…ベンチで寝てる人も結構いたけど、私には人前で横になって寝るのはできなかった☆

そしてピーチの搭乗手続きでかなり待って、倒れるかと思った(笑)
ピーチ4便くらいが集中してたみたいで、待たされてるのも辛かった…。

やっと松山に向けて飛び立つ前に、マッサージマシンへ(笑)

よく考えたら、機内の朝ごはんもキャンセルして、ずーっと何も食べてなくて、このくらいなら入るかな?と氷菓をいただく。

子供たちのお弁当買おうと思ってたけど、最終ポイント何もなくて、とりあえずこの堂島カレーを買って帰る。
1つ900円くらいしたよ。高いレトルトだけど、それだけに美味しいはず!!
この日の夕飯は、何か買って帰るねと言ってた手前、これで勘弁してもらおう。

これ。
少し味見したけど、おいしかった。
帰ってすぐ、ご飯だけ炊きました。子供たちもなんとか1週間サバイブしてくれてて、ありがとう。
どうだった~ってそんなの語りつくせません(笑)

私はひたすら寝ながら帰ってきたせいか、あまり食べなくて胃腸が休んだのか、ちょっと帰宅したら回復していて、お茶漬け食べました。

お土産のマカロンとか、甘いもの全然うけつけないし、そして梅干しとか海苔がうまい。

ざっとこうやって書いてるだけでも、なんか濃いよね…

バナナ4本を後ろ髪ひかれながら置いて行ったの、3本は食べてくれてた。
あと1本が死にかけてるので、なんとかこの後買い物行って、卵買ってきてケーキにしておきましょう。ケーキだと冷凍もできるしね。(フランスのおやつが今いっぱいあるから)

松山からエールフランス取らなかったので、関空-松山は国内線の荷物制限があるわけなんだけど、ピーチは「手荷物2個まで、あわせて7キロ」に加えて、別料金を払って「預け荷物は1個20キロまで」で申し込んでました。
別料金は1600円。
行きもスーツケースがあるし、帰りも宅配を頼んだらもっと高いよねと思って申し込んでて、20キロを超えそうなら、帰りは宅配にしようと思っていたのだけど、フタを開けてみるとミドルサイズのケースいっぱい詰めて、18.6キロ。なんとか追加料金なく帰ってこれました♪
(行きは、ケースと服とかだけで8キロくらいだったから、10キロお買い物したということです)

密林でぽちった安いケースは、それ自体の重さも4キロもなくて、軽量だったのも買った大きなポイントでした。

買ったものの一部(^^)
日本で買うと高い、フランスの発酵バターも山のように買えて、うれしい。

フランスの食事情は、ほんとにすごかった。
Bioとかオーガニックも多いし、ちゃんと作っているものが多くて。
コンビニとかファストフードなんてないし、(あったかもしれないけど私は見なかった)、すごく羨ましかった。

朝早くからも、新鮮なものとか、手作りのパンとか買えちゃうのは、ほんとにいいなって思いました。
しかもおいしいし、手がこんでる。

そして今回の旅のキーワードは、『でかすぎない?』です。(笑)
ちょっと言葉悪いけどね、大きすぎない?よりも、でかくない?って思っちゃうものがあちこちにあって(笑)

というわけで、旅のさわりを書くだけでもボリューミーになってしまいましたが、『でかすぎない?やっぱりフランスが好き』をぼちぼちアップしますので、よかったら読んでみてくださいね☆

スポンサードリンク



2 件のコメント

  • chipさん、こんにちは。
    ひとまず、おかえりなさい〜♡無事帰ってきてくれて、安心しました!飛行機、大変でしたねー。。
    とても素敵な旅だったんだろうなと想像しております。私はヨーロッパ方面は学生の頃にドイツへ行っただけで、それも先生達も一緒で研修旅行を兼ねてだったので、フラーっと行く旅行に憧れています。フランス、行ってみたい!英語も片言だから無理かな(笑)
    旅行日記、楽しみにしています!体調に気を付けながら、頑張ってください♡♡

    • るなるなさん、こんばんは!
      こんな風に、フランスでは皆すごく挨拶してくれて気持ちよかったんですよ~
      結構言葉が英語もフランス語もできなくても、1人でフランス行っている人も結構いるみたいです。
      優しい人が多いし、観光大国で、居心地はいいところだと思います!
      ぼったくりもないし、気をつけるところをおさえていたら、きっといろんな方が楽しめる国だと思います!

      ドイツいいですね~また全然違う雰囲気なんでしょうね。
      私もヨーロッパは昔ロンドンにいただけなので、またいつの日かふらりと行けたらいいなと思います。

      フランスに行ってみたいなあという人が、行ってみたい!と思えるようなブログ書きますね♪
      ぼちぼちになりますが、ゆっくり待っていてください~
      体調お気遣いありがとうございます。そんな言葉で、ほんとに元気になります。コメントとっても嬉しいです♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください