スポンサードリンク


ギリギリ雑貨屋→ノートルダム大聖堂とホットワイン~でかくない?やっぱりフランスが好き⑬~

スポンサードリンク

パリ4日目、いったん帰宅してお掃除洗濯しました。
翌日の朝には出るので、今やっておかないとなのです。
15区のアパルトマン、居心地良くて、環境も安心で、楽しい滞在になりました。

(というわけで、11月に底値でパリ一人旅をした記録・その⑬です。
でかくない?は毎日心の中でつぶやいていた独り言(笑)
短い数日、おいしいものを求めて、パリを楽しんだ記録です)

さてパリのメトロも、最後の往復になります。
この日は、アンティークのカフェオレボウルを買いに雑貨屋さんと、世界遺産のノートルダム大聖堂を見ようと思っていました。雑貨屋さんは18時半で閉まっちゃうので、ぎりぎりです。ダッシュで行けば、30分くらいはいられるんじゃないかなあ☆

とか言っていたら、前回の⑫でも書きましたが、いまだ終わらない黄色いベストのデモがこの日!勃発していたので、乗り換える予定のコンコルド駅を通過したのですよ…
えっ??
フランス語だけど、デモのために2駅ほど通過するって言ってるよね?(車内放送にて)

それでなくても閉店ギリギリに駆け込む予定なんですけど~~~!!
そして通過する時、メトロ内になんだかキナ臭い匂いがただよっていて、車燃やされたりしている映像をテレビを見るのは、このあとアパルトマンに帰ってからなのでした。

メトロ14番のコンコルドもマドレーヌも通り過ぎ、やっと降りたのは、St Lazareという駅。ちょっと待って、ダッシュでここから雑貨屋さんのある辺りの駅へ行くには……

とあわてて確認したため、距離感を完全に失ってました。
St Lazareから1回乗りかえして、降りた駅はおそらくPont Neuf
当初降りる予定だったのは、Concordeで乗り換えて、Pont Marieで降りようとしてたんです。

多分、Pontつながりでここだ!と思ってしまったみたい…セーヌ川沿いを優雅に歩こうと思っていたし、Pont neufからでもセーヌ川見ながら歩いて行けるって思ったのですね…(これが大きなミステイクですよ)

というわけで、予定通りセーヌ川を見ながら…優雅にじゃなくて、小走りで雑貨屋さんへ向かいます。

グーグルマップでは、雑貨屋さんまで1.5キロとある上に、到着時間は18時29分て出てる!!
えーっ、18時半閉店ですよ…
デモの影響がこんなところにも…

とりあえず、ダッシュで向かう!!

あれはエッフェル塔??
シャンゼリゼの辺りでかなり激しいデモ活動が繰り広げられていた頃でしたが、ちょっと離れるとこんな風に普通の状況でした。

右手がセーヌ川です。

急いでいるけど、写真を撮りながら小走り。

何度か心折れそうになり、Uber呼んでも待っている間にだいぶ進めるしと思ったり、着いたら閉店した直後とかでがっかりするくらいなら、もうこのままノートルダム大聖堂に行っちゃおうかと思ったり。
(ノートルダムは雑貨屋さんより手前を右折するとある)

ここは多分、昼間とか週末になると、絵とか売られたりするスペースなのでしょうか。

ライトアップしてライブみたいなのしてる。
でもゆっくり見てるヒマはなくて、とりあえず時計を見ながらずっとダッシュしてます。
毎日かなり歩き回って、最後にこれですか~!
もう足が限界かも。

そしてこの石畳、時計やスマホを見ながら走っていて、穴が開いてるのに気づかず足をとられてこける(>_<)
すぐ後ろの紳士がすかさず駆け寄ってきて、「Are you alright???」と心配してくれました。
ゆっくり返事するヒマもなく、「I’m OK~~~~!!!Merci~~~~」と言いながら走り去ります。

がんばれ、もうちょっと。

着いた…
閉店2分前。

ドアを押したら開いたのだけど、もう閉店で見るヒマもないのかもしれないと思い、お店にいた素敵なマダムに「もう閉店ですか??」と息を切らしながら聞いてみました。
その返事がとってもおしゃれで、
あら、今何時だったかしらね、どうぞゆっくり見ていってね」(英語です)

ありがとうございます~がんばって走ってきてよかった…。

かわいい店内、所せましとアンティークの品物や、昔の包装紙、ハガキ、文房具や雑貨が並んでいます。

 

 

店内を見させてもらって、そしてお目当てのアンティークカフェオレボウルを色々出してもらい、1つ購入しました♪
日本で1万円以上した、ディゴワンのアンティークボウル愛用してたんですけど割ってしまい、フランスで安く売ってたら買いたいなと思っていたのです。

目標達成♡
よかった~マダム、ありがとう。
お隣のお店もなんだか素敵です。

Au Petit Bonheur la Chance
13 Rue Saint-Paul, 75004 Paris
11時~13時、14時~18時半
日曜定休

赤いお店でかわいい。

やれやれ~ではゆっくりノートルダムへと向かいます。

 

あの船に乗りたいな。上の席、かなり空いてます。

 

さっき見たライブ。ちょっとゆっくりとしました。

 

 

 

 

 

セーヌ川を離れて、世界遺産へ。

ノートルダム大聖堂は世界遺産なので、まわりにお土産物屋さんもたくさんあります。

ちょっとベタな感じのお土産だけど、ここでもちょっと買い足しました。

 

 

ノートルダム大聖堂が見えてきました。

ところでノートルダムって、あちこちに実はあるのですけど、ここが大本山なのかな?
ノートルは私たちの、OURという意味で、ダムは、貴婦人。
私たちの貴婦人ということなんですね。(つまりは、聖母マリアさまのこと)

フランスでマダムっていうのは、ma + dame、私の婦人という意味です。

正面は向こうなので、裏から来ている感じです。
雑貨屋さんへ行かなければ、ぎりぎり中に入れたのだけど、今回は外から見るだけになります。またここも、昼間に来てみたいな。

Rue du cloitre Notre-Dame 75004 Paris
7時45分~18時45分(土日は~19時15分)
入場無料(屋上は有料)

公式HPはこちら。(フランス語・英語)

着工1163年、何度か破壊と修復を繰り返していて、フランス革命後は廃墟と化した時もあったのだそう。
1804年にはナポレオンの戴冠式がここでありました。
パリから何キロと言う時の起点でもあります。(Point zeroポワンゼロの石がどこかにある。)

↑キマイラさんがいますね。
ところで、後ろから回ってきて、この横の部分がすごくゾワゾワしました。
結構な枚数の写真がぶれてしまってますけど。

ここ。

 

 

そしてそんな、大聖堂の横の部分を見ながら、ちょっと座りましょう~
その名も、大聖堂の塔。

Aux tours de Notre Dame
23 Rue d’Arcole , 75004 Paris
7時~21時

これこれ、寒いし、Vin chaud(ホットワイン)ください。

 

 

ノートルダムを見ながら、ホットワインってなかなか贅沢です。

 

 

スパイシーでフルーティなホットワイン。あったまりました。

パリ最後の夜。
というか数日だけってほんとにあっという間です。
もっとゆっくり、いつか過ごせたらいいなあ。

さて、さきほどの気になるスポットにもう1回行ってみたんですよ。

すごい。
しばらく佇んでました。

こう、かなりぶれている写真がたくさん撮れました。

 

全部は載せてないですけど、写真では全然伝わらないなあと思います。
実際に見るって、すごく素敵なことです。

 

 

ホットワインごちそうさまでした~正面にまわってみます。

 

わわー、すごい。

振り返るとこんな感じ。さすがに観光地なので、人がいっぱいいます。

 

 

 

 

 

 

何度も振りかえりながら、そろそろ移動します。

 

 

 

 

歴史を感じる、圧倒的な存在感でした。
細かい部分もすごくて、またゆっくりと行ってみたいし、中もじっくりとまわりたいです。

それでは、寄り道しながらアパルトマンに帰ります。

そして雑貨屋さんで買えたボウルはこちらです。

ピンクがすごくかわいい、割ってしまったのと同じディゴワンを買うことができました。

日本で買ったディゴワンは1万円超えでしたが、こちらは18ユーロでした。(2300円くらい)

時々おかず入れたり、チャイを飲んだりして使ってます。

では、次回イベリコ豚のサンドを食べながら、最後のパリの夜に続きます。

 

 

 

 

 

 

 


週末の朝、のんびり起きてコーヒー豆を挽いて飲むのが幸せです。

休日のランチは、パスタがすごく多いんですよね。

昨日はミートソース。

そしてマドレーヌを卵2個分、16個焼きました。

 

半分はチョココーティングして、一部差し上げました。
この日のうちに、残りのマドレーヌも全部なくなった。

私も食べました♪

今日のランチは、カルボナーラ。

昨夜出かけていて、チョコレートをもらいました~おいしい。

いただきものって、うれしいですね(^^)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください