スポンサードリンク


京都最古の禅寺、建仁寺の龍を見に行く

建仁寺
スポンサードリンク

先日、建仁寺へ行ってきました。
建立はおよそ800年前。
公式インスタもあるお寺です。

 

 

 

 

 

龍の天井画と襖絵を見に来ました(*´ω`*)

 

お庭もきれいなのです。

どの方角から見ても、バランスがいいように作られているのだとか。

建仁の文字がある。

 

 

 

 

 

 

 

〇△□乃庭。

 

 

 

 

襖絵は高精細複製品ですが、それでも美しかった。

 

 

 

こちらの風神雷神図屏風も、国宝の本物は京都国立博物館にあります。

 

 

 

 

ボタン、押してみました(*^^*)

 

 

 

 

枯山水式庭園、大雄苑(だいおうえん)。

 

 

かっこいい龍ですね。

 

 

どこから見ても、こちらに視線を感じます。

 

 

ではハイライトの天井画を見に行きます。

 

 

 

 

 

法堂に入ると、108畳の大きさに描かれた双龍図が圧巻です。

 

2002年に2年の歳月をかけて描かれたものです。

御本尊の釈迦如来像の上に、ユーモラスな表情の巨大な龍がいる光景は、ほんとうによかった…時間をかけて、じっくりと見させてもらいました。

 

 

 

 

 

 

いや~よかった。

この辺りの細工も、きれいですね。

 

 

鍵つきの傘立てもあるので安心。

 

 

 

 

特別拝観も見ようかなと思ったけど、暑かったので帰路につきました☆

京都は川が多くて癒されます。

建仁寺のパンフレット。

 

売店もあって、金箔入りのお抹茶いただいたり、↓このクリアファイルを買ったりしました。

 

 

 

 

 

駐車場もあり、30分250円。
無料サービスは以前あったけど、今はもうやってないみたい。

 

建仁寺
京都市東山区大和大路四条下ル小松町
10時~17時
法堂と本堂は有料
無休(拝観できない日はあるみたい。サイト

毎月第二日曜の朝から、座禅と法話の会があって、予約なしで無料で参加できるみたい。
写経体験も、予約なしで売店で申し込んで千円で参加可。受付は10時~15時半で、45分ほど。

また涼しくなったら行ってみたいな(´-`)

サンダルで行ってたけど、靴を脱ぐのでちゃんと靴下持参してました。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください