スポンサードリンク


日本庭園を眺めながら、龍安寺名物の七草湯どうふを食べる @京都右京区・西源院

湯どうふ
スポンサードリンク

ちょうど龍安寺から出口へ向かっていると、湯どうふ屋さんがあるのでそのまま入ってみることにします。
営業中って書いてあるし。

 

のれんをくぐってから、少し庭園をお散歩することになります。

 

家族連れが出ていくところで、店内は広々と空いていました。
↓家族連れが食べていたテーブルがあります。朱塗りの膳がなんとも風情があります。

 

 

両側に窓があって、解放感がある(*^^*)

料金は先にお支払いになるみたい。

 

 

 

 

 

入り口の方はこんな感じです。

それにしても、お庭が本当に素敵で、間近で見ながらお豆腐いただけるのは贅沢。

 

 

お椀などが運ばれてきました。
奥では、家族連れの食べた後片づけが進行中。

精進料理と七草湯どうふにしようかと思ったけど、たくさん食べると午後は試験だったし、ここは湯豆腐1500円にしました。

 

 

お料理が来るまで、お庭の緑に囲まれて、ぼんやりします。
リラックス。

 

 

来ました。
湯豆腐単品でも、すごく量が多い!

 

生麩もあるし、豆腐の量がすごい(*‘∀‘)

お庭に負けていないくらい、お鍋の緑やピンクの色が映えてます。

 

 

あっつ熱ですよ~

ピーマンもある。

豆腐が熱いので、なるべくお椀に入れて、冷ましつつ食べる作戦。
お鍋に入ってると、いつまでも熱いから、お椀に山積みしてみた。

薬味がまたおいしい。

 

お豆腐は、絹のようななめらかさがあって、そして食べやすい。
木綿と絹の間くらいで、特別に作られているものだそう。

お野菜もお豆腐もたっぷりで、あったまりました。

 

お庭を見ながら食べるお豆腐は、なかなかよかったです。
自然のエネルギーも一緒に、たくさん取り込めた気がする(*^^*)

ごちそうさまでした~
ふらりと来て、食べられてよかった(*’ω’*)
龍安寺の拝観料は、食べるだけならいらないそうですよ。受付で、湯豆腐を食べると伝えると、入れてくださるそうです~

 

 

 

 

 

鏡容池のまわりをぐるりと歩きながら、出口へ。

 

 

 

このあたりにも、最大料金500円の駐車場があります。
京都は車でも、結構まわりやすいなと思う。
ただ、安いところは埋まっていることも多いので、予約できる駐車場も活用してます。

 

 

西源院
京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13 龍安寺境内
11時~16時(15時半LO)
無休

紅葉の時期は、さらにきれいなお庭を見ながら食べられるんだろうな。
精進料理も一緒に次回は食べたい。

 

 

 

 

 

 


昨日、ファミマでハーゲンダッツを買ったらくじが引けました。
お兄さんに、1から5のどれがいいですか??って5!!
京都ブレンドが当たりました。

早速いただく。
ほかにはどんな景品があったのか気になり、お兄さんに聞いてみると、そっとくじをのぞいて「コーヒーとか…ほうじ茶もありますね~飲み物ですね」って。
食べ物があるとよかったなあ。

ぼちぼち食べようっと。

津田酒店さんで買った、いぶりがっこせんべいがやっぱり美味しい。
全部買い占めてきたらよかった。

ぶどう餅(香川)の話を聞いていたのだけど、徳島でぶどう饅頭というのがあって買ってみた。
めっちゃおいしい~
もっと買ったらよかった。
友人にあげようかと冷蔵庫の上の方に隠したら、次男がそれでも食べていた。探したのね…美味しいものは戦いになる。
友人の分はなくなりました(*´з`)

帰り際にチョコもらったんだけど、夕方のおやつは嬉しい♪

夕飯はハンバーグ。
お豆腐とお麩を入れます。

どちらのチーズにしよう。

今日はクリームハンバーグ。
スープがいらないからラクチン。

 

私はしば漬け食べました(*´ω`*)

はー美味しい。

 

ぶどう饅頭、送料無料である。買おうかな…(*´з`)

 

 

ちなみに香川のぶどう餅はこんな感じ。

 

 

サンバルソースがあと少しになってきた。

 

 

 

アボカドもそろそろシーズンですね。
帰松している時に、あったら買いたいなと思っていたけど、バタバタしているうちに問い合わせできないまま京都に帰ってきてしまった。

 

 

愛媛の焼き栗も食べました。
栗の産地でもあるんですよね。

 

 

 

普段使っているもの、無添加ライフ、私のおすすめ商品など(*‘∀‘)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください