スポンサードリンク


大きな栗が入った栗餅にやわらかい大福など @京都西院・まるに抱き柏

まるに抱き柏
スポンサードリンク

去年2021年1月にオープンした和菓子屋さん、まるに抱き柏さんへ。

抱き柏っていうのは、家紋で柏の葉が向かい合った形をしているもの。それが丸の中に入っているのを、丸に抱き柏紋っていうみたい。

店内は結構広くて、ショーケースの中に和菓子が並んでました。

 

 

出町ふたばをはじめ、有名な京都の和菓子屋さんで修行した方のお店なので、豆大福ははずせない。
栗餅もおいしそう。なんと1個450円!

 

 

 

カレンダーもなんだかかわいい。
御菓子の機械器具やさんのものみたい。

お金を払う時に使うトレーも、風情がある(*´ω`*)

 

次々とお客さんが来ていました。

袋には、ちゃんとまるに抱き柏の家紋が押されてる。

 

栗のハンコかな?

↓右のどらやき、半月。

丸い茶色のきんつば180円2個、月見団子(さといもを模した餅にあんこをのせたもの)240円、みたらし団子辛口180円。

黒豆大福290円、栗餅450円。

朝買って、食べたのは夜だけど、めっちゃ柔らかい!
ふわもちっとしていて、あんこの甘さは結構控えめ。こしあんもすごくなめらかで、超やわらかいお餅とあわせて、豆のアクセントがより引き立っていて、あっという間に口の中でなくなってしまいました。
ふたばさんの豆餅とはまた違ったおいしさ。
栗餅は、主役の栗!がおいしい。栗の食感とお餅の柔らかさは最高のコンビです。

みたらし団子は次男が食べてた。1粒もらったらよかった。

これも私は食べてない☆
あんこがやわらかそう。

きんつば、もっちりした外側とぎゅっと詰まったあんこが絶妙。
やや硬めの粒あんなので食べ応えもあって、外側の生地がそんなあんこを際立たせてる感じ。

その時しかない和菓子もあるし、どの和菓子もとても丁寧に作られているのが分かります。
またのぞいて、その時にあるものを選んで買って帰りたいな。

テレビにも出たりするので、人気のお店です。
早めの時間に買いに行くのがよさそう。

まるに抱き柏
京都市右京区西院平町21番地
9時~18時
火曜定休

インスタ

 

 

 

 

 

 


シャトレーゼのフォレノワモナカ。
モナカはぱきっと割って、少しずつ食べやすい(*^^*)

今日の夕飯は、かぼちゃの煮物でした。

私は水分多めのかぼちゃ煮物が好きなんだけど、うっかり煮込みすぎてしまった。

さて先週末くらいからちょっとお疲れモードだったけど、ちょっと復活。
職場でもちょっと気づかってもらってて、ありがたい。
それにしても相変わらず忙しい職場だし、いつまでも忙しい(*´з`)
こなしてもこなしても、増えていく。

ところで先日、アマプラの平家物語っていうアニメがいいよって聞いたので、アニメほとんど見ないけど見てる。
源平ってあまりしっかり知らなくて、ついでに歴史的なことも調べながら見てます~

平家にあらずんば、人にあらず。
諸行無常。
一の谷、から屋島、壇之浦。
高校の時は世界史だったので日本史は全くスルーしていたのだけど。

10年くらい前に通訳ガイド(英語)をとった時に、日本史をいちから勉強しました~
その頃は、京都に遊びに来てもめちゃウンチク知ってました(*´з`)

色々と学ぶのは楽しい(´-`)

さて、もうすぐ旅行です~楽しみ!!
忘れ物ないように準備しなきゃ。
お天気もよさそうだし、おいしいものと温泉でゆっくりしてこようっと。

 

2足以上で1足1080円!

 

 

もこもこ、洗えるカーペットもうすでに出してます。

 

 

大きめのグラタン皿、ストウブの売り尽くし。

 

 

こちらも大きめグリルパン。

 

 

 

 

普段使っているもの、無添加ライフ、私のおすすめ商品など(*‘∀‘)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください